*

店舗型ビジネスの売上向上にレバレッジをかける、
スマホ集客の考え方とは?

売上アップの公式-戦略論
こんにちは。
ネット売上向上委員会、
デルタコンサルティング代表の松浦です。

「売上をアップさせたい店舗型ビジネス経営者が、
スマホサイトを持つべき7つの理由」

(1)ただ今スマホ人口6,000万人、成長期に位置している

(2)にもかかわらず、スマホ対応している店舗が少なすぎる現状

以上二つの詳細はこちら

(3)スマホ人口6000万人のうち8~9割がスマホで検索

(4)とんでもない機会損失が発生している

(5)スマホは“電話” 予約したいと思ったらすぐに電話ができるという即時性と利便性

以上三つの詳細はこちら

の続きになります。残りは(6)と(7)。

(6)「売上向上の公式」のしくみを構築しやすい

「売上向上の公式」とは、
いつも記事の最初に掲げている、

[新規顧客の獲得(集客)] × [客単価アップ] × [リピート回数アップ]

ですね。

ちなみに、なぜいつもこの公式を最初に示しているのかというと、

売上向上とは、

この3つの項目のかけ算であり、
ひとつの項目に注力するよりも、3つすべての施策を行うことでレバレッジがかかり、
ひとつの項目の戦術が、
全体の戦略に矛盾することなくまわる仕組みであるべきであり、
毎回の記事の内容が、どの項目に関係することなのか、

をわかりやすくするため、そしてこの概念を頭に焼き付けるためです。

さて、それを踏まえて、スマホサイト自体は、
まず「新規顧客の獲得」という要因で機能するツールですが、

「客単価アップ」「リピート率アップ」という、
売上アップには欠かせない要因も含めて、

トータルの戦略的な仕組みとして構築しやすい点が特徴です。

例えば、
[新規顧客の獲得(集客)] ⇒ブルーオーシャンPPC広告戦術
[客単価アップ]  ⇒松竹梅の価格設定、セット販売、関連サービスの提示
[リピート回数アップ] ⇒LINE@やメルマガでのプッシュ型アプローチ

スマホサイトを1つ持つことで、これらがPCサイトよりも高い確率で、
顧客にアプローチすることができるので、
売上にレバレッジがかかり、“かけ算”で利益を押し上げることができる
のです。

(7)コストが安く、売上があがりやすい。
つまりコストパフォーマンスが抜群

スマホサイトは、パソコンサイトに比べて制作費も安く、

SEO対策も不要なので、初期投資、ランニングコストも抑えられます。

にもかかわらず、これまで申し上げたとおり、
売上を上げやすいので、
利益率の大幅な拡大が見込めます。

つまり、コストパフォーマンスが抜群に高いのです。

ただし、
「SEO対策が不要」=「SEO対策ができない」と同義なので、
自分でコツコツ関連キーワードでSEO対策をして、コンテンツを増やし、
何とかお金をかけずに広げていこう…
という方法にはスマホサイトは向いていません。

ここは、あなたのビジョンや戦略、
金銭コストと労働・時間コストをどう考えるか、などによって変わってきます。

そこはじっくりどういう方向性でいくのか考えてください。

もし、現在パソコンサイトを持っておらず、
これから持とうと思っているのであれば、

やはり今の現状を鑑みると、
まずは、スマホサイトから持たれることをおすすめします。

ただし、じっくり選びたいユーザーは、
まずはスマホサイトを見て、
後でパソコンサイトで検討するという方もいるので、
いずれはどちらも持つことが理想です。

>>今すぐ集客用スマホサイト制作の見積りをする>>

  • 「売上向上の公式」を頭に叩き込み、
    戦略と戦術に一貫性が保たれているかを常に検証する
  • 自分のビジネスの方向性と
    スマホサイトの価値を冷静に判断しよう

関連記事

ネット広告戦略

日経平均と成約率の関係、景気とネット広告戦略

ます。 とはいうものの、上がったのは株価と、 富裕層の資産、そして一部大企業の利益とその正社員の給料だけで、 中小零細、特に地方にはその恩恵が浸透して

記事を読む

集客PPC広告の法則

80対20の法則をPPC広告に活用する

前回、80対20の法則を経営戦略に活用するの続きで、 今回は、森から木へ、より具体的に個々の戦術論に活用する考え方と手法です。 「売上向上の公式

記事を読む

LINE@-スマホ戦略

店舗経営の顧客リピート率アップに貢献するLINE@のリスクとデメリットとは?

過去2回に渡ってLINE@における、 「売上向上の公式」の “リピート回数”(リピート率、リピーターの確保)の戦術論を お話ししてきたわけですが、

記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

委員会メンバー無料登録













ブログよりさらに濃い
売上アップのためのネット活用インテリジェンスを
お届けします。詳しくはこちら

フォローをどうぞ!
フェイスブック google+ RSS

トップへ戻る ↑