*

日経平均と成約率の関係、景気とネット広告戦略

こんにちは、松浦です。

円安が進み、日経平均が今年の最高値近辺をウロウロしています。

とはいうものの、上がったのは株価と、
富裕層の資産、そして一部大企業の利益とその正社員の給料だけで、
中小零細、特に地方にはその恩恵が浸透していないのも事実。
8月の消費支出も前年同月比でマイナスです。

8%消費増税の落ち込みからの回復が鈍く、
7-9月期の指標も悪いと予想されるので、
ぜひ消費増税10%は見送ってほしいものです。

しかし、相関係数をイチイチ計算していないので
「相関性がある」とは一概にいえませんが、
私や私の周りも、やはり日経が1万円のころよりも、
現在のほうが売上が上がっているのも事実です。

景気をにらんだPPC広告戦略

さて、現実問題としてそのような状況の中で、
より費用対効果の高い広告戦略をどう展開していくか。

たとえば、私が半年前から行って実験したのが、
アベノミクスの恩恵がある程度波及していると思われる
大都市圏だけに広告展開を絞る
という施策です。

GoogleアドワーズもYahooプロモーションも設定はカンタン。

広告を出稿したい地域を選択するだけです。

たとえば、私の場合、
東京、神奈川、千葉、埼玉、名古屋、
大阪、京都、兵庫、愛知、福岡
だけに出稿するように設定しました。

そうすると、全国一律に出稿するよりも、
成約率(コンバージョン率)が1.2%アップし、ムダな広告費を削減しながらも、
売上、利益率を向上
させることができました。

もっといえば、埼玉あたりを削って、
(アベノミクスの波及効果が日本で最も早く・高い)東京の出稿率を引き上げれば、
より費用対効果は高まるかもしれません。

このように、リアルタイムな経済状況を分析・把握し、
それをスピーディーに反映させ、実験、検証できるのも
ネット活用のよいところですね。

  • タイムリーな経済状況を把握しておく
  • その情報を己の分野でどう活用できるかを考え、
    スピーディーにPDCAをまわしてみる

1億円以上を運用してきた
PPC広告のプロフェッショナル 松浦へのお問い合わせはこちら

関連記事

集客用スマホサイト制作の条件

ネットを使って集客したい店舗経営者が、今やるべき施策と その7つの理由

今回は、店舗型ビジネスにとっての O2O(Online to Offline)戦略の強力なツールとなる スマートフォンサイト(スマホサイト)について

記事を読む

集客PPC広告の法則

見込み客の琴線にふれるPPC広告文の書き方

前回は、やってしまいがちな ダメなPPC広告文とはどういうものかをご紹介しましたが、 今回は「よい例」をみていきます。 その前に前回記した

記事を読む

集客できるサイトの条件

集客できるサイトの条件(2) あなたの“本当の強み”は何ですか?

できるサイトの条件」というテーマでお送りています。 「売上向上の公式」でいえば、 いうまでもなく新規顧客獲得の部分にあたります。 自分で強みと思っ

記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

委員会メンバー無料登録













ブログよりさらに濃い
売上アップのためのネット活用インテリジェンスを
お届けします。詳しくはこちら

フォローをどうぞ!
フェイスブック google+ RSS

トップへ戻る ↑