*

ネット売上向上委員会 代表からのごあいさつ

はじめまして。

デルタコンサルティング代表
ネット売上向上委員会代表の 松浦 祥一郎 です。

私は1978年生まれです。

バブル崩壊が90年代前半におこり、社会に出たのが2000年。

「失われた20年」「デフレ」のど真ん中を、
思想・思考形成に最も重要な10代~20代を過ごしてきました。

つまり、私とその下の世代というのは、
日本経済の“右肩下がり”の時代しか経験していません。

おそらく私の世代が、
「自分の未来・日本の未来に希望を描けなかった最初の世代」でしょう。

「国家の経済成長を経験したことがない」のだから、

夢や希望を持て!と言われても、
聞く話は不況、倒産、リストラ、痛み、苦しみ…とネガティブな情報ばかり。

私自身も父親の会社が倒産し借金を抱え、両親も離婚しました。

親父は今現在どこにいるのか消息不明です(苦笑)。

「こんな状況で夢や希望を持てたら、そいつはバカかカルトかのどっちかだよ!」

なんていうつぶやきが昔の日記に残っています…。

「がんばれば報われた」のが僕らの前の世代まで。

「がんばっても報われない」のが僕らの時代だったのです。

ひとつの希望めいたもの

そうは言っても、人生に絶望していたわけではありません。

パソコンとインターネットに可能性を感じていたからです。

はじめは、Windows95や98で音楽や動画をストリーミングできるサイトをつくったり、
会社の上司にパソコンのスキルを教えたりしていました。

その後、いくつかの会社で
マーケティングディレクターを任されたのが
ビジネスに開眼するキッカケでありました。

そこで自分の力で売上をあげることの
おもしろさに気づいたわけです。

それも“ネットを活用”して。

つまり、ネットを使えば
例え一人でもビジネスができるし、

経済とか不況とか外部要因にそれほど左右されずに、
特にニッチでスモールなビジネスであれば、

「がんばれば、がんばっただけ成果が出た」からです。

…あれ、おかしいな?

「がんばっても報われない時代」なのに。

これが“ネットの可能性”だったのです。

ふたつのミッション

日本にある企業の中で、
中小・個人事業の占める割合は99%以上です。

労働人口の約7割を占めます。

つまり、中小企業、個人事業主こそが、
日本経済を支えているのですよ。

・失われた20年を30年にしないために、
・「日本はもう成長しなくていいんだ」という誤った先入観を打破するために、
・国家に対して当事者意識を持つために、

私ができることは何か?を考えました。

その結果、日本を支える中小・零細の経営・マーケティングに、
ネットを使った集客・売上アップのメソッドを実践・活用してもらい、

まわりの人たちのビジネスを成功させ、
日本経済の活性化につなげる

というところに至ったのです。

もしあの頃、今のウェブインフラとネット集客の知識があれば、
父親の会社も倒産しなくてすんだだろうし、
家族も離れ離れになることはなかったのに…

ときどき、ふとそんなことを思ったりもします。

だからこそ私は、今、今、今、

ほかの人が同じ悲劇、苦闘、必要のない遠回りをしなくてもいいように、
私の持てる知恵と方法論を全力でお伝えしなければならない
のです。

それが私の“志(こころざし)”であり、
デルタコンサルティング、ネット売上向上委員会の“目的”であります。

一緒に考えていきましょう!

以上の使命に従い、私からウェブを使った集客メソッド・売上をあげるためのノウハウ、
知っておくべき知識などをあなたにお伝えしていくわけですが、

それが唯一絶対の“正解”ではないし、
あなたの求める“答え”でない可能性もあります。

なぜなら、それは、

あなたのいる業界やポジショニング、
描いている戦略、採用している戦術によって
“最適解”にチューニングすべき
だからです。

つまり、あなた自身も脳に汗をかく必要があります。

だから、単純に答えを求めるのではなく、

「自分で考える」ことが非常に重要です。

ですので、

「そんなゴタクはいいから、さっさとノウハウだけ教えろ」
「とにかく売上だけあがればそれでいいんだよ」

という志の低い方は、どうかこのページを閉じてください。

私の目的に賛同できる方に限ります。

一緒に考えていきましょう。

あなたのビジネスの“目的”はなんですか?

ウェブマーケティングのノウハウやテクニックと言われるものは、
流行廃りのスピードが早いです。

ゆえに今この瞬間、正解だった(のように見えた)ものが、
明日になったら不正解になっていたということもフツーに起こりえます。

SEOにしてもGoogleは毎日アルゴリズムに変更を加えているのです。

しかし、Googleの“目的”は最初から変わっていません。

「検索する人が求めている情報を、より的確により早く届ける」

この信念に基づいて、日々検索アルゴリズムをブラッシュアップし続けているわけです。

何が言いたいのか。

目的として“自分自身のやるべきこと”が定まっていないと、
途中途中の行動にブレが生じてくる
ということです。

ミッションがブレると、

■ あさっての方向に頑張ってしまったり(ムダな努力)、

■ 使わなくてよい時間を使ってしまったり(時間の浪費)、

■ 自分が何をやっているかわかならなくなってしまったり(モチベーションの低下)

■ 結果、中途半端なものしか残らない(成功体験の欠如)

ということになります。

筋がビシっ!と一本通ってないと、
こざかしいテクニックを使って売上が上がったとしても、
すぐに元どおりどころか急降下することだってありえるんですね。

もう一度聞きます。

あなたのミッションはなんですか?

以上のことを踏まえて、

「集客ができない・・・」

「売上がちっとも上がらない・・・」 

ネットを活用したいけれど
「何をどうすればいいのかわからない…」 と困っている方は、

ぜひこの『ネット活用インテリジェンス』を参考にしてください。

必ずあなたのビジネスに
何らかのヒントや気づきが得られます。

理念

■ 自身の強みを認識し、世の中に貢献する源泉とします

■ お客様、関係者、社会に対して、
どのような価値を提供できるかを常に考え、実践します

■ 情熱と強い意志、あきらめない心を持ち続けます

■ 目的を持ち、目標を掲げ、その達成のために全力で取り組みます

■ 変化を恐れず、受け入れ、継続的な学びを欠かすことなく前進していきます

■ 感謝の気持ちと謙虚な心を持ち続けます

■ 日本という誇り高い国柄を意識し、
(グローバル経済ではなく)国民経済という大局観を持ち、思考し行動します

■ 儲け第一主義、自身の保身や利益しか考えていない、
自分勝手で志の低い人とは関わりません

デルタコンサルティング経営哲学


デルタコンサルティング代表
ネット売上向上委員会 委員長
松浦 祥一郎

公開日: : 最終更新日:2014/06/04 経営の審美眼

関連記事

経営の審美眼

実際に滞在してわかった星野リゾートの経営戦略(1)

、 星野社長がとった経営戦略のヒントを何回かにわけてシェアします。 星野リゾートは、各地でホテル・旅館を展開していますが、 それぞれに経営戦略は異なり

記事を読む

80対20の法則

「80対20の法則」を経営戦略に活用する

ちょっと今回は、 有名な「80対20の法則」(パレートの法則)について、 売上向上の観点から、あらためて考えてみます。 これは、「売上向上の公

記事を読む

経営の審美眼

実際に滞在して見えた星野リゾートの経営戦略(3) | 顧客視点で新しい需要を掘り起こす

ります。 星野リゾート・トマムの前身、 バブルの遺産といわれた アルファリゾート時代に決定的に欠けていたもの。 それは、従業員に「お客様のために

記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

委員会メンバー無料登録













ブログよりさらに濃い
売上アップのためのネット活用インテリジェンスを
お届けします。詳しくはこちら

フォローをどうぞ!
フェイスブック google+ RSS

トップへ戻る ↑