*

店舗経営の顧客リピート率アップに貢献するLINE@のリスクとデメリットとは?

売上向上の公式
こんにちは。
ネット売上向上委員会、
デルタコンサルティング代表の松浦です。

過去2回に渡ってLINE@における、
「売上向上の公式」の
“リピート回数”(リピート率、リピーターの確保)の戦術論を
お話ししてきたわけですが、

LINE@を使うにあたってのデメリットも
お話ししなければフェアではありませんね。

「既読スルー」ならぬ「問い合わせスルー」で顧客の反感を買う

LINE@の「即時性の高さ」は特徴のひとつであり、
リピート数向上のための重要な要素でもありますが、

裏を返せば、
顧客の問い合わせに対して、
お店側がすぐに返答できなければ、

「ぜんぜん返信こないよ、ムキー!もう他の店にしよ」

となるお客様の心理は想像に難くありません。

常にLINE@からのメッセージを気にして、
その都度、文章を打つというのは
煩わしいと感じるお店もあるでしょう。

駄文を配信し続けて、ブロックされ、信用をなくす

気軽にダイレクトメッセージが送れる分、
せっかく「お友達」になってくれたお客様に対して、

何のメリットもなく、練られてもいない、
ただの広告文を送り続けてしまうという、

開封率の高さが裏目に出るパターンです。

そんなことをくりかえせば、
メッセージをブロックされ、
二度とアプローチができなくなります。

これはLINE@のデメリットというより、
戦略性を伴わない安易な戦術に陥った担当者がいけません。
教育が必要です。

新規顧客の獲得が疎かになる

前回申し上げたように、
LINE@を使った施策は、あくまで「売上向上の公式」における顧客のリピート回数アップの部分です。

うまく使えば、一度来てくれたお客様を何度もリピートさせる
強力なツールとなりえますが、

店舗を訪れたお客様が
「お友達」に登録してくれて、初めて機能するものです。

つまり、
「新規にお店に来てくれるお客様を獲得する」という“集客”の部分では、
別の施策が必要になります。

たしかに、リピーターの確保、リピート率の向上が
売上アップのための最も効率の良い戦術であり、
それだけで店舗経営が回ってしまう場合もあるのですが、

やはり、
「新規顧客の獲得」
「客単価のアップ」
「リピート数アップ」

すべてを戦略的にまわしていかなければ、
売上の先細りに怯える日々が、遠くない未来に訪れる可能性が高い。

そうならないためにも、
トータル的な売上向上戦略が必要なのです。

結局、LINE@を使うか、使わざるべきか?

ざっと、LINE@使用における、
リスク&デメリットをあげてみましたが、

これらを見て、
「う~ん、ちょっとやめておこう」
「もう少し考えてみよう」
と二の足を踏む店舗経営者の方はいらっしゃるでしょうか?

もしそう思ったのなら、
「まずは無料版でもいいから使ってみては?」
と私ならご提案します。

これは明らかにチャンスだからです。

なぜそう言えるのかは、
こちらの記事こちらの記事を読んでください。

チャンスの女神の前髪はとっても短いのです。

・リスクのないリターンは世の中にはない

・リスクといっても、すべて自分でコントロールできるリスクである

・先行者利益を得られる機会は、そう多くはない

関連記事

LINE@-スマホ戦略

LINE@でリピート率が劇的アップ!
店舗経営者がLINE@を試すべきその理由

今回はLINE@を使った、 「売上向上の公式」で言うところの “リピート回数”(リピート率、リピーターの確保)の戦術論です。 LINE@は

記事を読む

集客用スマホサイト制作の条件

ネットを使って集客したい店舗経営者が、今やるべき施策と その7つの理由

今回は、店舗型ビジネスにとっての O2O(Online to Offline)戦略の強力なツールとなる スマートフォンサイト(スマホサイト)について

記事を読む

ネット広告戦略

日経平均と成約率の関係、景気とネット広告戦略

ます。 とはいうものの、上がったのは株価と、 富裕層の資産、そして一部大企業の利益とその正社員の給料だけで、 中小零細、特に地方にはその恩恵が浸透して

記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

委員会メンバー無料登録













ブログよりさらに濃い
売上アップのためのネット活用インテリジェンスを
お届けします。詳しくはこちら

フォローをどうぞ!
フェイスブック google+ RSS

トップへ戻る ↑