*

LINE@でリピート率が劇的アップ!
店舗経営者がLINE@を試すべきその理由

売上向上の公式
こんにちは。
ネット売上向上委員会、
デルタコンサルティング代表の松浦です。

今回はLINE@を使った、

「売上向上の公式」で言うところの
“リピート回数”(リピート率、リピーターの確保)の戦術論です。

LINE@は先月5月16日にリニューアルした、
店舗型ビジネス向けサービスです。

カンタンに言えば、LINEに

  • お店の専用ページがもてる
  • お店のトーク(お問い合わせ)機能がもてる

です。

実はリニューアル前は、登録費に数百万円がかかり、
長すぎた不景気を耐えてきた中小零細企業には、
高すぎるハードルと言えましたが、

リニューアル後は、
無料プランと月額5400円の2つのプランに衣替えし、
飛び越える必要のない、またぐだけの低いハードルになりました。

なお、無料プランは月のメッセージ配信が1回に制限されており、
5400円プランは配信回数が無制限となっています。

マーケティング思考を持った経営者ならば、
当然、“配信回数無制限”プランを選択すると思いますが、
その理由は後ほど。

なぜ、店舗経営者はLINE@をためしてみるべきなのか?

理由はカンタンです。

ひとことで言えば、

ユーザーが多いのに、競合が少ないからです。

2014年現在、
スマホ人口は7000万人、
LINE人口は5000万人、
LINE@契約店舗は累計で4万件。

この数字を見ただけでも、
ブルーオーシャンの入れ食い状態を想像できると思いますが、

統計的にいって、うまく稼働させているのは
多く見積もって10%の4000店舗未満。
おそらくはその半分以下ではないでしょうか?

基本的に店舗型ビジネスは、地域ビジネスですから、
あなたの地域に同じ業種、つまり競合がどれだけあるかが、
経営戦略上で重要な要因の一つであるのは、いわずもがなです。

あなたの地域で、
LINE@を活用している競合はどれだけいるでしょうか?

有料プランを選ぶべきと上記しましたが、
とりあえず「無料でお試し」から始めてもいいでしょう。

コストリスクはゼロなのですから。

どうやって、お店の“お友達”に登録してもらえばよいのか?

まずは、来店したお客様に
お店のLINEに登録してもらわねばなりません。

いろいろな方法があると思いますが、
例えば、

  • レジにLINEのポップを設置し、
    「登録してくれたらお会計から500円割引くよ」とささやく
  • 「5大特典差し上げます」の巨大ポスターを掲示する
  • 最初のドリンク注文時に、「今なら登録で1杯無料になります」とつぶやく

いえ、ささやきつぶやくのではなく、
堂々とおっしゃってください。
おそらく8割のお客様は登録します。

LINEのよいところは、
簡単ワンプッシュで登録完了できるところです。

メルマガなどは空メールを送信して、
URLをクリック…など手間がかかりましたから、この差は大きい。

次回は、核心部分、
そもそも、なぜLINE@が効果的といえるのか?を詳説しましょう。

・需要(ユーザー)が多く供給(導入店舗)が少ないLINE@を今すぐ試す

・先行者利益で地域の顧客を囲い込み

関連記事

ネット広告戦略

日経平均と成約率の関係、景気とネット広告戦略

ます。 とはいうものの、上がったのは株価と、 富裕層の資産、そして一部大企業の利益とその正社員の給料だけで、 中小零細、特に地方にはその恩恵が浸透して

記事を読む

GoogleアドワーズとYahooリスティング

GoogleアドワーズとYahooプロモーション広告、成約率が高いのはどっち?

アドワーズも多機能ゆえ、 こちらがいろいろ突っ込むと、 中の人も細かいところまでは把握しておられないようでした。 アドワーズは、機能強化や改善(と

記事を読む

集客用スマホサイト制作の条件

ネットを使って集客したい店舗経営者が、今やるべき施策と その7つの理由

今回は、店舗型ビジネスにとっての O2O(Online to Offline)戦略の強力なツールとなる スマートフォンサイト(スマホサイト)について

記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

委員会メンバー無料登録













ブログよりさらに濃い
売上アップのためのネット活用インテリジェンスを
お届けします。詳しくはこちら

フォローをどうぞ!
フェイスブック google+ RSS

トップへ戻る ↑