*

80対20の法則をPPC広告に活用する

売上向上の公式-集客
こんにちは。
ネット売上向上委員会、
デルタコンサルティング代表の松浦です。

前回、80対20の法則を経営戦略に活用するの続きで、
今回は、森から木へ、より具体的に個々の戦術論に活用する考え方と手法です。

「売上向上の公式」でいえば、
集客の部分にあたる、PPC広告にフォーカスしてみます。

PPC広告とは、具体的に申せば、
主に、Google AdwordsとYahooリスティング広告のことです。

ネットで売上をあげる、集客するとすれば、
PPC広告は避けては通れません。

とは言うものの、Adwords、Yahooリスティングともに、
管理画面の表示や豊富な設定、どんどん追加される新機能など、
決してとっつきやすいとは言えないので、

運用を躊躇していらっしゃる方、
業者に任せっぱなしの方も多いのではと思います。

ちなみに、Adwordsが日本に導入された当初から運用を行っている弊社でも
PPC広告運用代行、コンサルティングを受け付けていますよ(^^)
お問い合わせはここです。

などと言っておきながら、
丸投げではなく、経営者ご自身で見ていくことが大切と思います。

ポイントをつかんでしまえば、
効率的な運用、どこに着目すべきか、はそう難しくはありません。

80対20の法則の観点からPPC広告をみてみると・・・

ポイントはいくつかあります。

  • 広告文は適切か
  • キーワード選定はどうか
  • カテゴライズは適切か
  • 予算配分は適切か
  • 出稿先は適切か
  • リンク先の内容は広告文・キーワードと合致しているか

など。

“最適化”までの道のりは1日にして成らず、

ではありますが、

ある程度の“適切化・効率化”の道は
そう遠くはありません。

結論から申せば、
「80対20の法則」をPPC広告に活用するとは、

成約率の高い
キーワード、広告文、出稿先、地域、時間帯などに予算を集中させ、
投資効率を最大化させる戦術
だということです。

そして、
PPC広告のよいところは、

「選択と集中」と
その対極にある
「ロングテール戦略」を同時に行え、
PDCAサイクルを高速にまわせる点にあります。

■PPC広告も80対20の法則の観点で見れば、
より効率的な運用が可能であることを知る

■どこまで「選択と集中」させるかは、全体の戦略にもかかわってくる

森から木へ、そして次回は“枝葉”のより具体的な戦術論へ。
80対20の法則をPPC広告に活用する具体的な方法です。

関連記事

LINE@-スマホ戦略

LINE@でリピート率が劇的アップ!
店舗経営者がLINE@を試すべきその理由

今回はLINE@を使った、 「売上向上の公式」で言うところの “リピート回数”(リピート率、リピーターの確保)の戦術論です。 LINE@は

記事を読む

ネット広告戦略

日経平均と成約率の関係、景気とネット広告戦略

ます。 とはいうものの、上がったのは株価と、 富裕層の資産、そして一部大企業の利益とその正社員の給料だけで、 中小零細、特に地方にはその恩恵が浸透して

記事を読む

GoogleアドワーズとYahooリスティング

GoogleアドワーズとYahooプロモーション広告、成約率が高いのはどっち?

アドワーズも多機能ゆえ、 こちらがいろいろ突っ込むと、 中の人も細かいところまでは把握しておられないようでした。 アドワーズは、機能強化や改善(と

記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

委員会メンバー無料登録













ブログよりさらに濃い
売上アップのためのネット活用インテリジェンスを
お届けします。詳しくはこちら

フォローをどうぞ!
フェイスブック google+ RSS

トップへ戻る ↑